ヘルプ

「自己紹介は省略したい」って英語でなんて言うの?

オンライン英会話のはじめの自己紹介を省略した時
takuさん
2016/02/02 22:13

36

6315

回答
  • I'd like to skip the self introduction.

  • I'd like to pass the self introduction.

  • I'd like to introduce myself quickly.

skipは飛ばす、抜かすという意味です。
授業を休んだりする時も、skip the classなんて言います。
passはもう日本語になってますね。
両方とも、自己紹介を丸々飛ばすようなニュアンスです。
3例文目は、ちょっとだけ自己紹介します、
という表現もあります。
これでかなり簡単な自己紹介で済みます。
Akiko Shibahara フリーランス通訳翻訳
回答
  • Can we just skip the self-introduction part?

  • If you don't mind, I'd like to get into the lesson without the introductions.

  • Do you mind if we just go into our lessons without doing the introductions?

「○○したい」という場合は一方的に断言しているのではないので、実際は〝Can we...?” (○○してもいいですか?)と質問系にしつつ、相手に同意を求める言い方にすることでニュアンスが近くなることと思います。

従って最初の例文のように、「Can we just skip...?」(○○してもいいですか?)という言い方で、〝簡単に”、〝単に”、という意味の〝just” を入れることで相手に強制するつもりはないという柔らかい意味合いを持たせて聞くことができます。

また、〝if you don't mind”(もし宜しければ)や、三個目の例のように、〝Do you mind?" (○○してもいいかしら?)と始めるのもまた丁寧に同意を求めた表現にすることができますね。

いずれ、「省略」はそのままだと〝skip”(とばす)ですが、最初の例文を除いて、「I'd like to get into ....without ...」(○○無しに○○に入りたい、行きたい)というふうに〝省略” という言葉を使わず間接的に何かをせずに、という意味で言うこともできますね。

最後の例でもまた〝just” を入れることで柔らかくなります。

これもまた別の言い方、スタイルや好みで色々使い分けてみてください。

参考となればと思います♪
Hara Ken English teacher
回答
  • I'd like to skip right to the lesson, please.

  • I prefer to get started right away with the lesson.

We use the phrase "skip right to" or "skip straight to" to put the focus on what we would like to move towards, as opposed to the thing that we've decided to skip. This is helpful in the given situation.

Have a great day!
「skip right to」や「skip straight to」というフレーズを使うことで、スキップすると決めた場所を抜かして、進みたい場所までから始めよう、表せます。
こういった状況で役立ちます。

良い一日を。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Myriah DMM英会話講師
回答
  • Can we skip/leave the introductions and proceed straight to the lesson please?

  • Can we go straight to the lesson please?

Can we skip/leave the introductions and proceed straight to the lesson please? - This is formal and will get your point across.
Can we go straight to the lesson please?-This directs the Teacher to move straight on with the lesson plan.
Can we skip/leave the introductions and proceed straight to the lesson please? -これはフォーマルなものであり、あなたの意見を理解するでしょう。
Can we go straight to the lesson please?-これは、教師にレッスンプランにすぐ進むように指示します。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Jacques DMM英会話講師
回答
  • Let's skip the self introduction.

Let's - let us
skip - miss
the (article)
self introduction - a presentation of one person to another
----------------------------------------------
A : Hello, I am .... what is your name?
B : I'm ..... Let's skip the self introduction.
Let's - let us(しましょう)
skip - miss(省略する)
the (冠詞)
self introduction (自己紹介)- 誰かを他の人に紹介

----------------------------------------------
A : Hello, I am .... what is your name?(こんにちは、私は…です。あなたの名前は何ですか?)
B : I'm ..... Let's skip the self introduction.(私は…です。自己紹介は省略しましょう)

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Kels DMM英会話講師
回答
  • Can we skip the introduction?

  • I want to skip the self-introduction.

  • Let's skip the self introductions.

Can we skip the introduction? - This sentence is a request to skip the self-introduction part of an online lesson.

I want to skip the self-introduction. - This sentence states that you wish to go straight in to the lesson without doing a self introduction.

Let's skip the self introductions. - A strong way to tell your teacher that you will not be doing a self introduction. For those who like to take charge!
Can we skip the introduction?
-オンラインレッスンの自己紹介を省略したいときに使う表現です。
 
I want to skip the self-introduction.
-自己紹介を省略して直接レッスンに入りたいときの表現です。

Let's skip the self introductions.
-自己紹介を省略したいことを講師により強調したいときの表現です。
いつもの流れを変えてレッスンしたい人にオススメの表現です。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Rhys DMM英会話講師
回答
  • I prefer to skip the self-introductions today please.

  • Would it be possible to skip the intros for my lesson today?

The first expression is very formal and polite using the words "prefer" and "please".

The second expression can be used for a less formal situation.
The word "intros" is an abbreviation for the word "introductions".
This is a very common native custom to abbreviate or shorten words as much as possible.
一つ目の文は、"prefer" や "please" を使っていて、とてもフォーマルで丁寧です。

二つ目の文は、よりカジュアルな場面で使えます。
"intros" は "introductions" の省略形です。
語を省略、短縮するのはネイティブの間でとても一般的です。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Matthew J DMM英会話講師
回答
  • Shall we go straight to the material please?

  • Let's get straight down to business, shall we?

To go straight to something = to go directly, without deviation.
You could of course just say, "Please let's pass on the introductions and move straight to the material," and teachers are used to this kind of request.
However, in context, it may be a useful exercise to try to convey the meaning of this long sentence in a much shorter way:
"Shall we go straight to the material please?"
Aditionally, in this, or even a work situation, a useful phrase for cutting out the small talk and skipping the formalities is:
"Let's get straight down to business, shall we?"
To go straight to something = 単刀直入に、まっすぐと、寄り道せずに
"Please let's pass on the introductions and move straight to the material," といえば、教材にすぐに移ってくれるでしょう。
しかし、この場合もっと短くいって意味を伝えるのもあるいは有効的かもしれません。
"Shall we go straight to the material please?"
すぐに教材に入りませんか?
また、職場であっても、雑談を飛ばしたり、堅苦しい挨拶を抜きにするのにも使えます。
例:"Let's get straight down to business, shall we?" 

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Ian W DMM英会話講師
回答
  • I want to skip the self-introduction

  • Could we skip the introduction, please?

To tell your teacher this information, you need to use any of these two sentences. I would prefer the second one, only because it's a more polite version of the same thing.
先生にこれを伝えるなら、上記の表現が使えます。

私なら二つ目の例を使うと思います。一つ目の例よりも丁寧です。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Sarah Elizabeth DMM英会話講師

36

6315

 
回答済み(9件)
  • 役に立った:36

  • PV:6315

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら