ヘルプ

心理的ハードルがあがるって英語でなんて言うの?

英語でおしゃべりはできるのですが、プレゼンテーションなどになると心理的なハードが一気にあがります。
Satokoさん
2016/04/22 14:45

1

5729

回答
  • Giving a speech is a mental toughness.

今回は単純な文章にしました。「心理的ハードルが上がる」というのは、心理的プレッシャーがゼロの状態から、プレッシャーがある状態に変わることですので、言い換えると「プレゼンそれ自体が心理的ハードルである」ということになります。それゆえ、A is Bのシンプルな文章を組み立てました。giving a speech「人前でしゃべること」が、a mental toughness「メンタル的にきついこと」であるとなります。
Zakiyama バイリンガル自由人
回答
  • 1. I feel big pressure in making a presentation in English.

  • 2. I'm not confident to make a presentation in English.

1.心理的ハードルが上がるということは「プレッシャーが大きい」という言い方が
できますね。

feel big pressure : すごいプレッシャーを感じる
in making a presentation in English : 英語でプレゼンすることに
*~についてプレゼンをするは make a presentation on ~
      give a presentation on~
いずれも 続く前置詞は onのほうがabout より改まった言い方でビジネス向きです。

2. I can speak English, but making a presentation is different.
I'm not confident to make a presentation in English
英語は話せるけど、プレゼンとなると別のことだ。プレゼンを英語でする自信がない

「~するには自信がない」not confident to
Yuuko Kono 仕事の英語パーソナルトレーナー

1

5729

 
回答済み(2件)
  • 役に立った:1

  • PV:5729

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら