石の上にも三年って英語でなんて言うの?

直訳じゃ伝わらなそう。。。
( NO NAME )
2015/12/25 10:57

42

15100

英訳例
  • perseverance prevails

  • don't give up

「石の上にも三年」というのは日本語の特定なことわざや慣用句なので、直訳するのは難しいです。

辞書でその表現を引いてみれば、二つの表現が出ます。
1. perseverance prevails
2. three years on a (cold) stone (will make the stone warm)

上記に例では、2.番は英語で全然聞いた事がありません。それを言えば、英語圏の相手はそういう意味をわかりませんので、言わない方がいいと思います。

多分、このことわざを言いたい時に、日本であることわざの説明をした方がいいと思います。

「In Japan, we have a saying...」
(日本では、よく使われている表現があるんですが、)
In Japan, we have a proverb...
(日本では、このことわざがあるんですが、)
In Japan, we have an idiom...
(日本では、この慣用句が存在していますが、)

それからことわざを説明します。

In Japan, we have an idiom that says that three years on a cold stone will make the stone warm. What it means is that you should not give up, and that perseverance and patience will bring good results. Don't give up!

(日本では、こういうことわざがあります。何かというと、3年経ったら、石の上が暖かくなります。これはどんな意味かというと、諦めずに辛抱強くすれば、いい事になります。諦めないで!)

やっぱり、英語でことわざを直訳するのは難しいので、私の説明が欠けているかもしれませんので、申し訳ありません。
Lily Noma バイリンガル翻訳家/ヨガインストラクター
英訳例
  • Perseverance pays dividends.

  • Slow and steady wins the race.

「石の上にも三年」を座れると我慢や努力の結果が見えてくる。
継続は力なりに近い表現です。

このような表現は、英語で、様々あるが、有名な二つは:

Perseverance pays dividends.
辛抱(perseverance)強ければ配当(dividends)を貰う。
つまり、辛抱強かったら、成果を果たす。

もう一つは:
Slow and steady wins the race.
ゆっくり(slow)進んでも、安定(steady)して続ければ、競走(race)に勝つ(win)。

これは、亀と兎の競走の童話を言及するフレーズだ。
ブレット・メイヤー(ぶ先生) 漢字教育士、言語文化スペシャリスト

42

15100

 
回答済み(2件)
  • 役に立った:42

  • PV:15100

回答数
100,488
役に立った数
427,371
回答率
100

%

お知らせ
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
カテゴリ
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら