(いろいろあったけど)結局って英語でなんて言うの?

いろんな歌を聞いたけど結局はずっとこの歌手のファンだ、と言いたい時、この「結局」はどのように表現すれば良いですか?
female user icon
AYUさん
2017/05/16 13:01
date icon
good icon

6

pv icon

4431

回答
  • at the end

    play icon

  • after all

    play icon

  • end up

    play icon

「結局」という言葉をそのまま英語にすると「at the end」(直訳:最後には、最終的には、→ 結局)とか、「after all」(直訳:すべての後に、→ 結局)という表現がまず考えられます。これらの表現は例えば;

「いろんな歌を聞いたけど結局はずっとこの歌手のファンだ」と言いたい時は次のように表現できますね: 

「I've heard many songs up to now but at the end I've been and will be a fan of this singer for good.」

まず上記の例の中では次のような熟語や表現を使ってます:
- I've heard :ここは listen(聴く)でもいいんですが、「聴いてきた」曲も「耳に届いた」、「自ら選んで聴いた曲以外の「聞いた」曲も全て含んで」というふうに「ありとあらゆる」、「数えきれない程の曲数」という多さを強調するなら 「heard」を使うといいですね

- up to now: これまで

- I've been and will be : ~であったしこれからも~だ。

- for good: 「good」の単語は日本では意訳で「良い」という意味だとしか教えられていませんが、この単語の本当の直訳は「100%」という意味なんです。従ってここでは 「for good」というのは「永遠に」、「ずっと」、「本当の意味で」というような表現として使われています。

「I've listened to countless songs but I guess I'll stick to being a fan of this singer after all.」

- countless songs: 数えきれない程の歌

- I guess: ~だと思う、~だよ~! (こういった表現を付けることで「~です」とか「~なんです」という硬い、正式な表現じゃない、自然な普段の会話表現にもっていけるんです。)

- I'll stick to: ~のままにしておく、→ この場合では「ずっとファンでいることにするよ」という意志表現の一種となるニュアンスになります。


また、「たまたまそういう結果となった、」というニュアンスの「結局」という表現にしたい場合は、「end up」という表現もまた使えますね。

I end up being a fan of this singer after all the songs I've been listening.

いずれも全て意訳すると同じような和文になります。

参考まで~!!



Hara Ken English teacher
good icon

6

pv icon

4431

 
回答済み(1件)
  • good icon

    役に立った:6

  • pv icon

    PV:4431

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら