ヘルプ

ここからが本題なんですがって英語でなんて言うの?

前置きを終えて本題に入りたいときに。
Fumiyaさん
2016/03/02 08:44

64

47492

回答
  • So here goes the main part

  • So this is where we begin with our main issue

  • So this is where we will get into the main topic

いずれも、”so"(で、さて、)という接続詞としての単語から入ると自然になりますね。

”here goes the main part." (ここから本題に入ります)という「本題」というのを間接的に表現で言い表した場合の例。

”this is where we begin with our main issue. " (ここが本題に入るところになります。→ ここからが本題になります。)

"this is where we will get into the main topic." (ここから本題に入ります。)

皆すごい似てますね~、結局、ちょっとずつ変えただけの別パターンです。

好みで使ってみてください。

がんばってくださいね~!
Hara Ken English teacher
回答
  • So, let me get to the point.

私も、やはり So, から入ります。

日本語の言い回しとは少し違うのですが、
同じ場面で、

So, let me get to the point
では、本題に入らせていただきます。

この表現もよく使います。
回答
  • Now, to get to the point.........

  • Now, getting to what I really want to say.......

  • My main point is that.........

Alternatively, "The main point I am trying to make is that women should have equal rights in the workplace."
尚、 ""The main point I am trying to make is that women should have equal rights in the workplace.""というように、The main point I am trying to make is that …で作ることもできる。:本題としては、職場での男女の権利は均等であるべきだということです。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Ian W DMM英会話講師
回答
  • Let's get down to business.

Fumiyaさん、こんにちは。

Ken先生 森田先生のご回答に 加えさせていただき、
このような表現はいかがでしょう。

"Let's get down to business."
訳「本番に入りましょう」「それでは始めましょう」

解説をしていきます。

Let's =〜しましょう 
※この後には 動詞の原形をおきます。

get down to=〜に取り掛かる
※getは動詞の原形

business=仕事 本分 本業

※上記では get down to と businessをそれぞれわけて 
それぞれの意味をご紹介しましたが

『get down to business=本腰を入れて物事に取り掛かる 本題に取り掛かる』と、このセットで
まとまった形で覚えておかれてもいいですね。

また
business(=仕事)という単語を使っていますが
必ずしも 仕事のみに限らず
「本腰を入れて取り掛か狩ろうとしている」状況で使えます。

使う時のポイントですが
本題に取り掛かる前には
「では」
「さあ」
などを付け加えると自然ですね。

さて さあ=So,
それでは さて=Then,

また
「それではみなさま」「では、みんな」(=All right, everyone)と呼びかけ、本題へと持っていくのもるのもいいですね。英語にしてみます。

"All right, everyone,let's get down to business."
「それではみなさま、本題へ参りましょう」

いかがでしたでしょう。
お役に立てば 幸いです。
Kanae 英会話指導コーディネーター 夢香奈江
回答
  • Long story short...

  • To get to the point...

>Long story short...
>To get to the point...

Example---If the main part is that you got hurt when running on the beach.

a. Long story short, I hurt my leg when I went for a run on the beach.
b. To get to the point, I hurt my leg at the beach.
Long story short...
To get to the point...

例文
If the main part is that you got hurt when running on the beach.
主要な部分は、浜辺を走っている時に痛めたということです。

a. Long story short, I hurt my leg when I went for a run on the beach.
かいつまんで言うと、浜辺を走っている時に足を痛めました。
b. To get to the point, I hurt my leg at the beach.
要点を言うと、浜辺で足を痛めました。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Denton DMM英会話講師
回答
  • Lets get down to brass tacks.

  • Let me state the main point.

When you want to start talking about the main topic, you may succinctly say " let me state the main point" or "let me get to the main point". However, you may also use the idiom "lets get down to brass tacks". "Getting down to brass tacks" is an idiom which means getting to talk about the most important things regarding a particular situation. Conversations center around main topics. A person may be explaining something which has a central point. This is what can be called 'brass tacks'.
So, you may say:
Lets get down to brass tacks.
or
Let me state the main point.
ほ本題に入るときは、簡潔にこう言いましょう。

"Let me state the main point."
"Let me get to the main point."
(本題に入らせていただきます。)

これらも、「今から大切なことについて話します」という意味のイディオムです。

"Let get down to brass tacks."
"Getting down to brass tacks."
(では要所に触れます。)

"brass tacks"は要点という意味です。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Teddy Zee DMM英語講師
回答
  • Let me get to the point of the matter.

  • The main point of the story is ...

  • What I really want to say is this...

Any of these statements are appropriate, you can use them before you start talking about
the main point of what you are saying.
You can also say ' And here is the meat of the matter'
The meat of the matter means the most important fundamental part of the what you have to say.
これらのどの表現を使ってもいいのですが、本題に入る前に使います。また ' And here is the meat of the matter' という言い回しも使えます。
“The meat of the matter” はあなたが言いたいことの中で一番重要な部分を指します。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Jerryann DMM英会話講師
回答
  • My point is...

  • The main idea is...

  • Now, what I really want to discuss is...

Example:

"The point is that things are going really well at school."
"The main idea is that Shakespeare wrote plays that will studied for many years to come."
"Now, what I want to discuss is your ideas on our work project."

All of these examples show the different ways in which you can bring the conversation back to the main idea of your conversations. Hope it helps!
Janke DMM英会話講師
回答
  • To get to the main point...

  • What I really want to say is...

  • Long story short...

Here are three sentence beginning phrases that you can use to emphasize that you want to discuss the main point in a conversation. The first two examples are quite literal by using words like, "main point," and, "want to say." However the last one is a expression we can use to discuss a main point after giving a lot of background details, or to skip the background details and get straight to the main point.
Jonathan B DMM英会話講師
回答
  • So, let's bring ourselves to the main point.

  • Bringing us back on track and starting with our main point.

It has been a wonderful weekend, hasn't it?
It sure has, it was beautifully sunny.
I agree, it was nice to get out.
Anyway, bringing us back on track and starting with our main point.

I hope this helps.
Have a great day.
Will
Will Jay DMM英会話講師

64

47492

 
回答済み(10件)
  • 役に立った:64

  • PV:47492

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら