ヘルプ

~ができないなら、いっそのこと~したほうがいい って英語でなんて言うの?

この現実の問題から逃れることができないならば、いっそのことそのリスクも理解したうえで対応するべきである。などの感じです。
yasuさん
2016/03/13 13:09

16

12538

回答
  • If you can't .... then might as well .....

  • If you can't .... then it'd be better to ....

まず、「いっそのこと~した方がいい」という言い方は英語になるとこの意味での熟語が存在します。それは、”might as well" という表現、使い方によっては他の意訳で「せっかくだから」とか、「どうせなら」という意味になることもある表現ですね。

従って、「この現実の問題から逃れることができないならば、いっそのことそのリスクも理解したうえで対応するべきである。」という例文でしたら、”If you can't avoid the issue, then mind as well face it by holding down on the risks as much as possible."
(直訳:この問題を避けることができないならば、いっそのことそのリスクをなるべく抑えて立ち向かった方がいい。)

上記の文を別の言い方で言うと、”If you can't avoid the problem, then it'd be better to tackle it with the risks in mind." (直訳:この問題を避けられないなら、いっそのことリスクをよく頭に入れて取り組んだ方がいい。)

いずれの場合でも後半にある「~すべきである」という表現は英語でそのままの ”should" を使わないこういった言い方の方がネイティブらしい、自然に聞こえる言い方になりますね。

また参考にしてみてください。

Hara Ken English teacher
回答
  • Let's just face it.

yasuさんへ

3月のご質問への回答となり大変恐縮です。
少しでも参考になればと思い、追加で紹介致します。

face は「顔」ですが、動詞として使うと
「(人、危険、困難など)に直面する、立ち向かう」
という意味の言葉です。※顔を向けるイメージですね。

今回紹介致しました、

  Let's face it.
「それ(問題など)から目をそらしても仕方ない、受け入れよう」

という表現で、例えば・・・

Let's face it. Global warming is inevitable.
(地球温暖化は避けられない)
 
Let's face it. A big earthquake could happen anytime.
 (大地震はいつでも起こり得る)

などと、都合の悪い状況を示す前に持ってきて
「目を背けず、・・・といった事実をむしろ受け止めよう」
というニュアンスが表せます。

(※今思いつく限りですと、日本語ではこのような
言い方はあまりしないので、慣れないかもしれませんが
英語ではよく使われる表現です)

・・・少しでも参考になりますと幸いです。
yasuさんの英語学習の成功を、心より願っております。

LLD外語学院 学院長 前川 未知雄







Michio Maekawa 株式会社ランゲージ・ラーニング・デザイン  代表取締役社長

16

12538

 
回答済み(2件)
  • 役に立った:16

  • PV:12538

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら