ヘルプ

〜した方がいいって英語でなんて言うの?

〜した方がいいよ、とか、〜はしないほうがいいよ、とか
kanakoさん
2016/11/13 17:58

336

198961

回答
  • You may want to~

  • You might want to~

  • You may/might not want to~

まず、「~した方がよい」 は
Naokiさんがおっしゃっているように、had better は、きつい(~しないと~になるという脅しを含んだ)言い方ですので、せいぜい、目下の人くらいにしか使えません。
中学校で、これを主に教えるのは問題だと思っています。

その代わりによく使われるのが、すでに出てきているshould ですが(これは非常によく使われますね)、
私は学校ではあまり習わないけれど、ネイティブがよく使う、まだ出てきていない表現をご紹介します。

may want to~ ,そして、それをさらにソフトにしたmight want to~ です。
これで「~した方がいいよ、した方がいいんじゃないかな」という会話でよく使われる言い方になります。

You may/might want to study a bit harder as the final is just around the cornor.
(もうすぐ期末試験だから、もうちょっと一生懸命勉強した方がいいんじゃないかな?)

これの否定形は
may not want to~
might not want to~ となります。

You might not want to play around as you are already married now.
(もう結婚したんだから、遊びまわらない方がいいんじゃないかな)

参考になりましたら幸いです。
回答
  • should

  • should not

~した方が良いは、友人同士の間ならshouldで良いと思います。
学校では「~すべき」と習いますが、
親しい間で助言する時によく使われます。

~しない方が良いはshould notを使います。

had betterは、学校では「~した方が良い」と
習いますが、「~しないと大変なことになる」
というニュアンスがあり、かなり強い言い方に
なるので、特に目上の人には使わないように
してください。
回答
  • It's better〜

  • Had better〜

  • Had better not〜

こんにちは!!

「〜した方がいいよ」というのは「It's better〜」と表現になります。または「Had better〜」と表現になります。
例えば、「今日は家にいた方がいいよ。」を表現すると「It's better stay at home today.」になります。また、「あなたはすぐに行った方がいいよ。」を表現すると「You had better go home at once.」になります。

「〜はしないほうがいいよ」というのは「Had better not〜」と表現になります。
例えば、「その会合には参加しない方がいい。」を表現すると「We had better not attend the meeting.」になります。また、「遅くまで起きてない方がいいよ。」を表現すると「You had better not stay up late.」になります。
Fedelica 英語講師、英会話講師
回答
  • It might be a good idea to

It might be a good idea to
~したほうがいいかもしれない


should や had better よりも
控えめに助言、提案をするときに使います。
----

例)

It might be a good idea to get a professional to write your resume.
プロに履歴書を書いてもらったほうがいいかもしれないよ。
〔New Interchange 3 Lab Guide より〕


It might be a good idea to let everyone know you're job-hunting.
みんなに職探しをしてるって知ってもらったほうがいいかもしれないよ。
〔New Interchange 3 Lab Guide より〕


It might not be a good idea to try to read while driving.
「運転中に読書」はあまりよくないかもしれません。
〔Forbes-Sep 28, 2015 より〕


参考にしてください。
ありがとうございました。
Takaya Suzuki ほんやく検定1級翻訳士
回答
  • you should ~

  • it is better to ~

  • I recommend that you ~

"you should ~" ←これは直接の言い方なので、親しい人と話している場合のみ使えば良いです。優しく言いたいなら、"you should"の直前に"maybe"を付け加えます。

"it is better to ~" ←やり方・選択しなどを比べるときに言います。この言い方を"it might be better to~"にすれば、優しいお勧めにになります。

"I recommend that you ~" ←これは正式な言い方で、ちょっと硬い表現です。

上記の言い方を「〜はしないほうがいいよ」にしたいなら、"not"か"don't"を付け加えます。


「卒業したいならもっと勉強した方がいいよ。」の例文:
・"If you want to graduate, (maybe) you should study more."

・"If you want to graduate, it is better to study more."

・"If you want to graduate, it might be better to study more."

・"If you want to graduate, I recommend that you study more."


「卒業したいなら毎晩飲まない方がいいよ。」の例文:
・"If you want to graduate, (maybe) you shouldn't drink every night."

・"If you want to graduate, it is better to not drink every night."

・"If you want to graduate, it might be better to not drink every night."

・"If you want to graduate, I recommend that you don't drink every night."
Michael H DMM英会話講師
回答
  • It’s better to 〜〜

  • Should 〜〜

〜〜した方がいいよは2つのメインフレーズがあります。

It’s better to 〜〜
Should 〜〜

例えば“行った方がいいよ”
- It’s better to go
- You should go

しない方がいいの場合は簡単に“not”を付ける
- It’s better not to 〜〜
- You should not 〜〜

It’s better not to go
You should not go
Jake N DMM英会話翻訳パートナー
回答
  • Its best you

  • Its might be good too

  • you should

ご質問ありがとうございます。

〜した方がいい は英語で  its best you  と訳出します。
you should は 日本語でだいたい ーするべき になりますが英語でそんなに強い意味が無いので、気を使わないでも大丈夫です。


例えば

話さない方がいい
its best you dont speak

医者さんに見てもらった方がいいと思います
it might be good to have a doctor see.

もっと気を使った方がいい
you should be more careful

ご参考になれば幸いです。
回答
  • It would be best if you

  • It's best if you

  • You should probably

「○○をした方がいい」は It would be best if you ○○ 又は It's best if you ○○ になります。どちらもニュアンスが同じです。

もう一つのバリエーションは You should probably ○○ です。

否定形にしたいなら

It would be best if you don't ○○
It's best if you don't ○○
You should probably not ○○

になります。

ちょっと柔らかめに言いたいなら You might want to ○○ と言えます。これは「したほうがいいかもしれない」に当て嵌まります。

ご参考になれば幸いです。
回答
  • It would be best to

  • It would be better to

  • You had better do, It is better to do

A polite or stern way of informing someone about how he or she should proceed.
誰かにどのように進まなければならないかについて知らせる礼儀正しいか厳しい言い方です。

You have been working overtime all week, you had better go home, get some rest, and see your family.
あなたは一週間ずっと残業しました。あなたは家に帰った方がよくて、いくらかの休みをした方がよくて、家族を見た方がよいです。
The storm has all sorts of warning with it. It would be best to prepare for the worst outcome.
嵐はいろいろな警告をします。最悪の結果に備えたほうがいい。
You had better quit smoking or you could develop health problems.
あなたは喫煙をやめた方がよいです。そうしないと、健康問題になります。
回答
  • You should~

  • You ought to~

「〜した方がいい」は2つの言い方があります。まずは you should~ です。動詞は日本語と逆ですので、ご注意ください。動詞はいつも最後において現在形を使います。「しない方がいい」は同じ形で使って not は動詞の前に付けます。例えば、

You should go jogging in the mornings.
朝にジョギングをした方がいいですよ。
You shouldn’t drink alcohol at night.
夜にお酒を飲まない方がいいですよ。

又は you ought to ~ です。これは上記と同じ意味と文法ですが、書き言葉です。よく昔の本に書かれています。使わなくてもいいですが、知った方がいいです。例えば、

You ought to buy tickets soon.
早めに切符を買った方がいいですよ。
回答
  • should

「したほうがいい」は英語で「should」と言います。逆に「しないほうがいい」は「should not」、略して「shouldn't」と言います。
上記の言葉を使った例文を見てみましょう。

You should tell her how you feel before it's too late.
手遅れになる前に彼女に自分の気持ちを伝えたほうがいいよ。

You shouldn't throw trash on the ground.
ポイ捨てしないほうがいい。

You should give your seat to pregnant women on the train.
電車で妊婦さんに席を譲ったほうがいい。

ぜひご参考にしてみてください。
Keen K DMM英会話翻訳パートナー

336

198961

 
回答済み(11件)
  • 役に立った:336

  • PV:198961

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら