黒字化するって英語でなんて言うの?

「これまでは赤字が続いていますが、来月には黒字化する(させる)ことが目標です」、というように言いたいです。
default user icon
Takさん
2019/07/11 06:37
date icon
good icon

15

pv icon

15359

回答
  • becoming profitable

    play icon

「黒字化する」は英語では"to become profitable"といいます。
"become"は「になる」という意味です。"profitable"は「儲かる・金になる」という意味を持ち、"profit"(「利益」)から来ています。

例文:
"We have been having deficits for quite a long time, but this month we shall strive to become profitable."
「長い間赤字が続いていましたが、今月には黒字化することが目標です。」
"deficit"は「赤字」という意味で、"to strive"は「努める」です。
"a long time"は「長い間」に相当し、その直前の"quite"はそれを強調します。つまり、表現は「大変長い間」という意味になっています。

様々なように翻訳できます。
回答
  • Turning black

    play icon

  • profit going up

    play icon

  • pick up

    play icon

英語では常に強い、そのままを意味する直訳するパターンと柔らかいニュアンスを持たせた間接的な表現の2パターンが存在します。

こちらではその間接的で且つ自然に使われている表現のいくつかを紹介できればと思います。

一つ目は、和文表現の「黒字」そのままを使った表現。実際、日本語の「黒い字」は英語の会計から来ているかもしれないぐらいの、もとは英語の表現ですね。(こういった会計や経理などの専門用語の多くは実際英語から来ているものが多いんですね。例えば日本語の「簿記」だって元は book keeping から、とか。)  
その証に、毎年クリスマス寸前にやってくる「black Friday」という表現も聞かれたことがあるはず。これは全米のデパートや店が一気に、そして突然黒字化する金曜日のことなんです。

なので、Turning black, 黒字化する、そのままの訳でも使えちゃいます。

同時に、profitt (利益)という単語を使えばやはり少し直接的、場面や使い方、相手によってはいやらしい表現にもなっちゃうくらい。

なので pick up (ひろいあげる)という超間接的な表現を使ってもまた同じ意味の文が作れます。例えば、We are gradually starting to pick up these days.  (直訳:最近少しずつひろ始めているんだ。) ⇒ (意訳:最近になってようやく少しずつ利益が上がってきている)、又は(最近やっと黒字化に変わってきてるんだよ。)という意味としても使える表現。
ポイントは間接的な表現なので謙虚、控えめ、いやらしくない表現になってますね。

いずれもまたネイティブではよく社内、経理部、会計などで普通に使われる表現です。

参考になればと思います。
Hara Ken English teacher
good icon

15

pv icon

15359

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:15

  • pv icon

    PV:15359

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら