世界とつながるオンライン英会話 DMM英会話

健康寿命と平均寿命の差が大きいって英語でなんて言うの?

レポートで使いたいです
default user icon
Fujiさん
2018/06/23 16:46
date icon
good icon

16

pv icon

12065

回答
  • There’s a big gap between a healthy life expectancy and the average life expectancy

    play icon

  • The difference between a healthy life expectancy and the average life expectancy is big

    play icon

Healthy life expectancy = 健康寿命 Average life expectancy = 平均寿命 Gap / difference = 差 There’s a big gap between a healthy life expectancy and the average life expectancy = 健康寿命と平均寿命の大きい差がある。 The difference between a healthy life expectancy and the average life expectancy is big = 健康寿命と平均寿命の差が大きい。
回答
  • The disparity between healthy life expectancy and average life expectancy is significant.

    play icon

  • The gap between a person's healthy life expectancy and their average life expectancy is considerable.

    play icon

"Healthy life expectancy"は健康寿命を指し、"average life expectancy"は平均寿命を指します。これら二つの間の大きな違いを表現するには、次のような表現が使えます。 "The disparity between healthy life expectancy and average life expectancy is significant." これは、「健康寿命と平均寿命との間には大きな差異がある」という意味になります。 "The gap between a person's healthy life expectancy and their average life expectancy is considerable." この表現では、「個々の人々の健康寿命と平均寿命の間にはかなりの隔たりがある」という意味になります。 "Disparity"と"gap"は両方とも「差」を意味しますが、"disparity"は「差別性」または「公平性に欠ける」という意味合いを含んでいます。対して、"gap"は単純に間隔や空間を指します。それ故、"disparity"の方がレポート等の公式な文脈でよく使われます。 これらの英語フレーズがレポートでの表現に役立つことを願っています。
good icon

16

pv icon

12065

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:16

  • pv icon

    PV:12065

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー
無料会員登録はこちら