自分では~しているつもりでも実際は~出来ていない、って英語でなんて言うの?

この前英語のレッスンで、「自分では自由に生きているつもりだけど、実際には多くのものに束縛されているんだよね」って言いたかったんですが、何と言えばよいのか分かりませんでした…。
default user icon
Yuさん
2016/03/04 01:00
date icon
good icon

28

pv icon

26248

回答
  • I may be convincing myself that I live without any restraints when in reality that's not the case.

    play icon

  • The thought about living without any restraints may only be of my belief and not a reality.

    play icon

  • I may only be thinking that I have the full control of my own life when in real life, ...

    play icon

「自分では~しているつもりでも実際は~出来ていない」という言い方は、”I may be” (自分では〇〇なのかもしれない)とスタートして、”but actually....” (しかし実際は〇〇〇なんだ)というのが真っ先に思いつくパターンですね。前半に言う ”may be" が文全体にかかるので後半は同じ表現を使わなくても 「・・・なのかも」という意味にもっていくことができます。  

対象をより具体的にしぼることで実際の表現は多少変わりますので、ここは「自分では自由に生きているつもりだけど、実際には多くのものに束縛されているんだよね」という表現での訳を考えてみますね。

そうすると、まず始めの例がほぼ直訳になりますね。:

"I may be convincing myself that I live without any restraints when in reality that's not the case."

【※: "may be convincing myself” : 自分に言い聞かせている
    "live without any restraints" : 束縛無しに ( ”自由に” と英語で言う時の自然な
                   表現、ここでは “freely" という単語はあまり自然
に聞こえなくなってしまいます。)
"when in reality" : しかし実際には
    "that's not the case" : その反対】

また、主語を “I" から ”概念”、”そういった考え” にした別の言い方、表現になると例②になります: 

"The thought about living without any restraints may only be of my belief and not a reality."

【意訳:自由に生きる、生きているという発想は単に私の錯覚で本当の現実ではないのかもしれない】

【※:”my belief" : 私の考え、信じていること、→ 意訳して、”錯覚” 】

さらにもう一つのパターンとなる例文を入れておきますね。

"I may only be thinking that I have the full control of my own life when in real life I don't."

【意訳:私の人生は完全に自分で全てを指揮って生きているものと考えていたが、実際は単なる思い込みで真逆なのかもしれない。】

【※: in real life : 実際は、現実は 】

最後の例は少し比喩的な表現を差し込みましたが、原文が抽象概念的なだけに、こういった表現もまたユーモア込めて面白いかな、と思います。

どれもまた好みで自由にお選びいただき、お使いになれると思います。

がんばってください!!  
Hara Ken English teacher
回答
  • My heart says I want to live freely, but in fact, I can't.

    play icon

Yuさんへ

だいぶ以前のご質問への回答となり恐縮ですが
少しでも参考として頂けますと幸いです。

今回紹介の、My heart says I want to live freely,
という箇所は、直訳すると「私の心は言っている:自由に
行きたいと」となります。要は、「心の中では
こう思っているけど」というニュアンスです。

※今回お尋ねの「自分では~しているつもりでも」という
日本語とは、少しニュアンスの違いがあるかもしれません。
My heard says ~は、「~しているつもり」ではなく
「本当はこう思っているんだけど」という感じです。

今回、Yuさんの日頃の英会話に生かして頂けるポイントは
動詞の say です。

ex. The weather report says it will be sunny tomorrow.
    天気予報では、明日晴れると言っています。
   (TV、ラジオなどのメディアが主語)

 ex. The guidebook says there are some Japanese restaurants around here.
ガイドブックによると、この辺りに日本食レストランがいくつかあるとのことです
   (本、新聞、雑誌などの書物が主語)

 ex. The sign says this place is non-smoking.
   看板に、禁煙と書いてる
   (標識、看板、などが主語)

・・・などと、say を応用して「○○がこう言っている」
「○○にはこう書いてある」などと、幅広く使えます。

 ex. Your face says you want to go home.
   顔に、家に帰りたいって書いてあるよ

とも言えるくらいです。

少しでも参考として頂けますと幸いです。
Yuさんの英語学習の成功を願っております。

LLD外語学院 学院長 前川 未知雄




Michio Maekawa アスリート・イングリッシュ・マイスター
good icon

28

pv icon

26248

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:28

  • pv icon

    PV:26248

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら