世界とつながるオンライン英会話 DMM英会話

あるかないかで全然違うって英語でなんて言うの?

期限切れのクーポンしか持ち合わせてなかった私に、有効なクーポンをくれた方に「クーポンがあるかないかで、全然値段が違う。ありがとう。」ということを伝えたかったです。そのほかの場面でも「それがあるかないかで全然違う」という表現は便利に使えそうなので、宜しくお願いします。
default user icon
MIKAさん
2018/09/08 02:52
date icon
good icon

8

pv icon

5923

回答
  • It makes a big difference.

★ 訳 直訳「それは大きな違いを作ります」 意訳「それがあると全然違う」 ★ 解説 ・it makes a big difference.  訳のとおりですが、これで「大きな違いを産む」という意味になります。  逆に、「変わらない」というときには、Same difference. という表現をよく使います。  このような表現の仕方であれば、話題が金額でも何かの影響でも、幅広く使えますのでぜひ覚えておいてくださいね!
English Otchan 英会話講師と発音矯正のプロ Buddy's English College 代表のバイリンガル夫婦
回答
  • Having it or not makes a world of difference.

- "Having it or not makes a world of difference." 直訳すると「それを持っているかいないかで、大きな違いがある」となります。ここでの "a world of difference" は「大きな違い」や「非常に重要な差」という意味を持つ決まったフレーズです。 シチュエーションに応じて、感謝の気持ちを伝える場合は次のように言えます: - "Thanks for giving me a valid coupon. It really makes a world of difference having one or not!" 役に立ちそうな単語とフレーズ: - significant:重要な、かなりの - considerable:かなりの、相当な また、類似の表現として以下のフレーズもあります: - "It's night and day."(明と暗のように全く違う) - "It's like chalk and cheese."(全く異なる、比べ物にならない)
good icon

8

pv icon

5923

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:8

  • pv icon

    PV:5923

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー
無料会員登録はこちら