ヘルプ

反省してないけど一応謝っておく時って英語でなんて言うの?

夜遅くに家に帰ってしまい、親にも心配かけたかもしれないけど、、「すいまてーん!(笑)」っていうくらいの軽いノリで、謝罪の気持ちはあまりないけど、何か一言、挨拶程度に謝っておこうという時の言い方ってありますか?
Naomiさん
2015/11/19 02:07

16

2905

回答
  • Sorry not sorry

こんにちは。

最近SNS等でよく見られる表現が Sorry not sorry です。
「(悪いと思ってないけど)ごめんね〜」のようなニュアンスです。

ぜひ参考にしてください。
Erik 日英翻訳者
回答
  • My bad

これはニュアンスが難しいですが日本語で「わりー」を英語で
My bad  わりー
と使います。 それ以外は「I'm sorry」の言い方を変えて意味を変えることも可能です。
この言い方を音声にしてさしあげたいのですができないのでご想像にお任せいたします。 しかしあまり変な声にしてしまうとふざけてることになってしまうので注意!
男だったら「Sorry bro」
ALPHA English 英会話カフェ
回答
  • (Fine), sorry. Whatever!

  • Sorry! Happy now?

There's no exact expression to use in this case, it is more a case of attitude and the way you say it.
You would say the sorry in a sarcastic or dismissive way which would show you don't really mean it. Also adding "whatever" to the expression gives it another level of disinterest. It's quite a common word and attitude, for teenagers especially, to adopt.

For the second example, again, the attitude is very important. You would add the "Happy now?" part in a very annoyed manner and frustrated manner.
こういった場面でピッタリくる表現が英語では無いように思われます。どちらかというと言い方や、その時の態度で表されるでしょう。
皮肉な言い方や素っ気ない態度を取ることで心から謝罪してない様子が伺えるでしょう。
また、"whatever" 「別に」を加えることで、違うレベルの無関心さが表現されます。 一般的に10代の若者がよく使う言葉や態度です。

2番目の例でも、イラっとした不満そうな口調で "Happy now?" "満足した?" と言います。これを言う時の態度が非常に重要な意味合いを持ちます。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Mihai 英会話講師
回答
  • okay, okay. I'll be more careful.

  • Sorry+excuse

As another anchor explained, this is more of a case of voice tone and attitude because you could simply just say "sorry" and leave it at that but if you don't want to seem rude you could say "sorry+(some excuse)" So if you came home late because you were just having fun with friends and you don't want to tell the truth completely then you could say something like " Sorry, I lost track of time."

Also the other example that I wrote "okay, okay. I'll be more careful." says okay twice because it's a way to tell them person to leave you alone... because deep down you might want to say "Leave me alone" but you don't want to sound rude or disrespectful so you say a simple "okay" plus "I'll be more careful(next time)" to avoid further questioning or conflict from that person.
別のアンカーが説明されているように、これは声のトーンと態度の問題です。
単に"sorry"(申し訳ありません)と言ってそのままにしておくことができますが、
失礼な態度をとりたくない場合はsorry+(some excuse)"(申し訳ありません+理由、言い訳)で謝ることができるでしょう。
だから、もしあなたが友達と楽しい時間を過ごして夜遅くに帰宅した場合、真実を完全に伝えたくない場合は、" Sorry, I lost track of time."(ごめんなさい、時間をすっかり忘れていました)の様に伝える事が出来るでしょう。

私が書いたもう一つの例は、"okay, okay. I'll be more careful."(わかりました、わかりました。もっと気をつけます)。Okayを二回文章内に使っています。これはその人に一人にしてほしい事を伝える言い方です。本当は "Leave me alone"(私を一人にしてください)と言いたいところかもしれませんが、失礼や無礼な言い方にしたくないので、その人からのそれ以上の質問や言い争いを避けるためにOkayに"I'll be more careful(next time)"((次回)はもっと気を付けるよ)をつけ加えます。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Francesco DMM英会話講師
回答
  • 1. Sorry. You know I never mean to upset you!

  • 2. Thanks for worrying about me. Sorry for bothering you.

  • 3. Sorry for being a pain, but there's no need to worry!

These comments are positive ones. It is a parent' duty to worry about their children. It should not be difficult to apologise - even if you have done nothing wrong :-)
1. You apologise. You tell your parents nothing bad was intended.
2. You tell your parents you appreciate their concern - and apologise.
3. You apologise and tell your parents to try not to worry.
これらはポジティブなコメントです。子供たちを心配するのは親の義務です。あなたが何も間違っていなくても謝罪するのは難しいことではありません:-)
1.謝罪して、意図して悪いことをしたわけではないと両親に伝える表現です。
2.あなたはあなたの両親の気遣いに感謝して、謝罪する言い方です。
3.謝罪して、あなたの両親に心配しないよう伝える表現です。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Ian W DMM英会話講師
回答
  • No need to worry guys...

  • Sorry, my bad.

>No need to worry guys...
*This is an informal way and not expressing to much feelings.
..................
>Sorry, my bad.
*This shows that you do not really mean what you and that you are just saying it out of a little bit of respect.
.............**...........
No need to worry guys...
感情を表現せず、丁寧ではない表現です。

Sorry, my bad.
謝りたくないので、ただ軽く伝えるだけの表現です。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Denton DMM英会話講師
回答
  • I'm sorry I didn't mean to worry you

  • Sorry, I'll be more careful next time

When dealing with your parents it is usually best not to be rude/sarcastic as it might cause more trouble and your parents job is to look after and worry about you, so even if you don't really mean it then it is best to say sorry anyway and you could add 'I didn't mean to worry you' or 'I'll be more careful next time' this would make the situation a lot calmer
親に対しては失礼な態度を取ったり皮肉を言ったりしない方がいいです。問題が余計に大きくなるかもしれませんし、子どもの面倒を見たり心配をすることは親の仕事ですから。なので、たとえ反省していなかったとしても、謝った方がいいです。そして、
'I didn't mean to worry you'(心配させるつもりはなかった)
または、
'I'll be more careful next time'(これからはもっと気をつける)
と加えられます。この方がずっと平和的です。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Mia St DMM英会話講師

16

2905

 
回答済み(7件)
  • 役に立った:16

  • PV:2905

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら