自分にどんな特性があってどんなミスをしやすいか気付いてって英語でなんて言うの?

自分にどんな特性があってどんなミスをしやすい傾向があるのか、いい加減に気付いて、防ぐための方法を真剣に考えて。と言いたいです。
default user icon
ouchiさん
2020/02/03 23:23
date icon
good icon

4

pv icon

1250

回答
  • You should think about what your own strengths are, what sorts of mistakes you tend to make are, and then make some adjustments so you can do better moving forward.

    play icon

ouchiさんが書いた原文は誰かにアドバイスをあげるような場面なので、
上記の通り書いてみました。

まず、相手に言うことなので、「自分」を「myself」ではなく「yourself」になります。

「特性」とは和英辞書で調べてみると「special characteristics」や「special quality」が出てきますが、この場合、「strengths」(長所)の方が自然な言い方です。
「どんな特性があって」とは「what your strengths are」になります。
日本人が間違いやすいのは「are」という動詞の位置です。

日本人がよく言うのは「what are* your strengths」であり、
これだと(長所は何ですか)のような単純な質問になってしまいますが、
実は言いたいのは質問ではない(自分の長所は何かを考えて)なので、
「(think about) what your strengths are*」とは正しい形です。

「どんなミスをしやすい傾向があるのか」とは、
「(think about) what sorts of mistakes you tend to make are」となり、
また「are」の場所に気を付けてくださいね。
「傾向」→「tendency」ですが、「~する傾向」とは「tend to do」という言い方もよく使われています。

「いい加減に気付いて」とは直接に英訳すると「become aware of a good adjustment」になりますが、
英語ではよりストレートな表現の方が自然に聞こえますので、
「make some adjustments」(ちょっと加減して)と提案しました。

「防ぐための方法を真剣に考えて」とは英語で言うと、
「think carefully in order to prevent (this mistake)」になります。
しかし、日本語ではミスの詳細まで言いませんが、
英語ではより具体的な例や詳細を言う方が分かりやすくて自然に聞こえます。
この場合、相手が何か失敗したと予想していますので、
その失敗は例えば裏返しのシャツを着てしまったとしたら、
「think carefully about how to prevent yourself from wearing inside out shirts」
(裏返しのシャツを着てしまうのを防ぐための方法を真剣に考えて)になります。

最後に、英語では文法に否定形の活用より肯定形の方がスムーズに聞こえますので、
「think about how to not* wear shirts the wrong way」
(シャツの正しくない*着方について考えて)の例文には「not」があり、
その「not」が文の流れをなんとなく妨げます。
そのため、否定形の活用ではないが否定の意味を含む単語(to prevent・防ぐ)を使った方がいいと思います。

長くなってしまい、すみませんでしたが、
ご参考になれば幸いです。
good icon

4

pv icon

1250

 
回答済み(1件)
  • good icon

    役に立った:4

  • pv icon

    PV:1250

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら