冬用のタイヤにはたくさんの細かい溝が刻まれていますって英語でなんて言うの?

冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)とノーマルタイヤの違いについて説明。
冬用タイヤは雪面(氷面)との摩擦力をより多く確保するためにタイヤの表面に複雑な形状の細かい溝がたくさん刻まれています。
日本ではタイヤ用語で細かい溝の事をサイプ(sipe)と言ったりしますが英語圏では何と言いますか? 溝はgrooveと訳すのが一般的ですか?
male user icon
KAZUさん
2021/10/11 15:56
date icon
good icon

1

pv icon

416

回答
  • Winter tires have a lot of sipes.

    play icon

こんにちは!
ご質問ありがとうございます。

『冬用のタイヤにはたくさんの細かい溝が刻まれています』は、いくつか言い方が考えられますが、例えば、
Winter tires have a lot of sipes.
と言えます。

また、
Winter tires have a lot of sipes to get more tractions in snow.
とすると、『冬用タイヤは雪面(氷面)との摩擦力をより多く確保するためにタイヤの表面に複雑な形状の細かい溝がたくさん刻まれています。』が説明できます。

『日本ではタイヤ用語で細かい溝の事をサイプ(sipe)と言ったりしますが英語圏では何と言いますか? 溝はgrooveと訳すのが一般的ですか?』について、
Sipe は、『タイヤの大きな溝に対して横にはしる細かい溝 』を言います。これに対して『タイヤの大きな溝』は、tread ですね!

参考になれば幸いです。
good icon

1

pv icon

416

 
回答済み(1件)
  • good icon

    役に立った:1

  • pv icon

    PV:416

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら