取り急ぎ、ご連絡いたします。って英語でなんて言うの?

まだ結論はわからないのですが、とりあえず先に現状報告のご連絡だけするケース
TORUさん
2015/11/04 01:08

255

205759

回答
  • This is a quick update on where we are now with ...

  • This is a quick note to tell you the progress we've made on ...

  • I'm writing to let you know where we are with ...

「取り急ぎ」という日本語のニュアンスを考えてみましょう。多くの場合、「進行中のプロジェクトやジョブがあり、まだ完了していないけれども、経過報告をする」というような状況で使われる言葉ではないでしょうか。そのため、a quick update on ...という表現が、「取り急ぎの(報告)」に相当する英語として思い浮かびます。また、現在進行形にして、I'm writing to let you know ...のようにすると、「進行中のプロジェクトなどについて、今まさに書いているところ」ということから、「取り急ぎ」な感じを醸し出すことができるでしょう。

keep ... in the loopやkeep ... up to dateのように「…に絶えず最新の情報を伝える」という表現を使って、Here's a note to keep you in the loop on ...のように言いあらわすこともできます。「…に関する最新情報を送ります」→「完了したわけではありませんが、最新の情報を送ります」ということから、「取り急ぎ」感を伝えることができます。
David Thayne エートゥーゼット英語学校代表
回答
  • I will let you know when I have more information

日本語の通信では、僕自身「取り急ぎ」の意味があまりわからないので、使っていません。それでも挑戦してみます。

おそらく取り急ぎのニュアンスは、「情報が足りないが、とりあえず連絡した」ということだと思います。

従って、英語では「I will let you know when I have more information」がいいのではないかと思います。情報がまとまった上で、追って連絡するのであれば。
Julian Sushi Chef / English Teacher / Cyclist / Horseman
回答
  • Let me report you the current situation.

  • Above is the situation we have at present.

  • I hasten to send you the report on current situation.

取り急ぎ、という表現としては、3番目の、I hasten to send you the report, あるいは、I hasten to report you our present situation. などが一番近いと思います。

取り急ぎ、という表現を特にいれずとも、上記、1番目、2番目の表現であれば、メールなどの末文としては十分使えると思います。
回答
  • Just a heads up. Tomorrow's meeting has been cancelled.

「状況を報告する」「アップデートする」という表現がすでに回答されているので多少違う言い方を。

「とりあえず連絡まで」を非常にインフォーマルに言う場合Just a head's upという表現があります。上司などには使えないので注意が必要です。

Just a heads up. Tomorrow's meeting has been cancelled.
まずは連絡まで。明日のミーティングはキャンセルされたよ。

Just a heads up. I found a job you might be interested in. Here is the link.
まずは連絡まで。教示ありそうな仕事を見つけたよ。こちらがそのリンク。


Takeo Suzuki ((株)アジアユーロ言語研究所代表取締役、Ph.D(言語学)、日経オンライン講師
回答
  • We will get back to you with further information ASAP.

  • Thank you for your e-mail. As soon as we get information, we will get back to you.

どちらも「出来る限り早く、改めてご連絡いたします」と言う意味です。

状況にもよりますが、その日のうちに連絡が付かない場合は 'by Wednesday' などを最後につけて「いつまでに」連絡するのかを明記するとより丁寧です。
回答
  • We will inform you once the situation progresses.

  • Please be patient and wait for our email.

We will inform you once the situation progresses.
また何か変わったことがあれば、連絡致します。

Please be patient and wait for our email.
お手数ですが、もうしばらくお待ちください。

ご参考になれば幸いです。
回答
  • This is a quick note to...

「This is a quick note to...」と表すことができます。
「取り急ぎの連絡ですが…」のような意味になります。

下記は例文ですのでぜひ参考にしてください:

This is a quick note to let you know I received the documents.
書類を受け取ったこと、取り急ぎご連絡いたします。
回答
  • We will get back to you as soon as we have made a decision.

  • I will let you know once we decide.

  • I will keep you updated.

1) 決めるのに時間を要さない時、「またすぐ戻ってくるね」というニュアンスを込めて、使うことがあります。同僚・または社外の人でも気心知れてる同士のコミュニケーションで使っていました。

2) 「決まり次第お知らせします」の一般的な言い方で、社内外両方に対して、使える言い方です。

3) 確認事項のアップデートが、複数回ありそうなニュアンスを伝える時に、
keep updated/(posted)を使います。
Yoko T 英語コーチ
回答
  • This is a quick update.

  • We will let you know when we have more information.

こんにちは。
様々な言い方ができると思いますが、例えば下記のような表現はいかがでしょうか:

・This is a quick update.
取り急ぎの報告です。

・We will let you know when we have more information.
また情報が入り次第ご連絡させていただきます。

quick update は「取り急ぎ」感が出て良いと思います。

ぜひ参考にしてください。
Erik 日英翻訳者

255

205759

 
回答済み(9件)
  • 役に立った:255

  • PV:205759

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら