そうゆうのは慣れてます!って英語でなんて言うの?

シェアハウス先でみんなうるさいけど大丈夫?とオーナーに言われて言いたかったけど出てこなかったです(><)
default user icon
( NO NAME )
2017/08/12 19:25
date icon
good icon

43

pv icon

54576

回答
  • I'm used to being in such an environment.

    play icon

  • I'm totally OK with the noise.

    play icon

「そのような環境にいることには慣れています。」 「騒音は全く問題ありません。」 "be used to 〜" は「〜に慣れている」という表現です。他に "be accustomed to 〜" と言うこともできます。 "such 〜" は「そのような〜」ということを表します。"that kind of 〜" や "〜 like that" という表現もあります。 "environment" は「環境」を表します。"surroundings" も同じ意味になります。 "be OK with 〜" は「(主語にとっては)〜は差し支えない、大丈夫である」ということを表します。 "noise" は「(不快な)騒音、雑音」という意味です。 "totally" は「全く、全面的に」という表現になります。他に "absolutely" や "perfectly" を使っても良いでしょう。
回答
  • It doesn't bother me!

    play icon

bother =気にする、悩ます It doesn't bother me. は直訳すると「悩まされるようなことでは無い」という意味ですので、気にならないことが伝わります。 例文 The noise doesn't bother me. I'm totally ok. 音は気になりません。まったく大丈夫です。
回答
  • I'm used to it.

    play icon

  • I'm familiar with it.

    play icon

回答1は「be used to ~」で「~に慣れている」このtoは不定詞ではないので動詞を入れたい場合はtoの後に動名詞(V+ing)を用います。 回答2は「be familiar with~」で「~に慣れている」を使いました。この場合はどちらかというと自分と密接間があるというニュアンスです。 「あの人見たことある気がする」という時も He/She is familiar with me. と言ったりします。
回答
  • I'm used to it

    play icon

  • I'm used to that

    play icon

「そうゆうのは慣れてます!」は今回、I'm used to it 又は I'm used to that と言えます。 It か that かどちらを使うかは、現在の事情かこれから入る事情かということによります。 例えば、現在北海道に住んでいて、現地の人に「北海道は寒いね」と言われたら、現在の事情なので I'm used to it(もう慣れている) と言えます。 もし、北海道に引っ越す予定があって、友達に「北海道は寒いよ」と言われたら、これからの事情なので、 I'm used to that と言えます。 なので、シェアハウスが現在のシェアハウスであれば I'm used to it と言えます。これから入るシェアハウスであれば I'm used to that と言えます。 ご参考になれば幸いです。
回答
  • I'm used to the noise so it's fine with me.

    play icon

シェアハウスの騒々しさはnoise (騒音)で表現できます。また、もっと簡潔に "I don't mind at all" で「全然気にしません」と表現することもできます。 "I'm used to the noise so it's fine with me"で「私は騒音に慣れていますから大丈夫です」 と伝えることももちろん可能ですが、ある程度会話において前文から相手と自分の双方が理解していること(この場合は「シェアハウスがうるさい」こと)は繰り返さないことがほとんどです。ですので、「気にしません」ということを "I don't mind."や"It's fine with me."などを用いて伝えれば大丈夫です。
回答
  • I'm used to that!

    play icon

  • I'm used to noise, so I'm fine with that.

    play icon

  • The noise doesn't bother me at all!

    play icon

一番簡単なのは、一番目の提案です。言いたがる表現の直訳ですが、不自然ではありません。とてもわかりやすいです。 そういう = that (この"that"は"noise" 「騒音」か"noisy environment" 「うるさい環境」を述べます。) 慣れている = used to (注:"used to"は他の意味もあります。「昔、~をした」という意味なのです。しかし、この文章で、「慣れている」の意味です。) 2番目の提案は、「私は大丈夫です」・「構いません」が伝わる文章を加えました。 最後に、3番目の提案について、"bother"(動詞)の意味は「騒がせる」で、"at all"の意味は「全然」です。
Tiffany L DMM英会話翻訳パートナー
good icon

43

pv icon

54576

 
回答済み(6件)
  • good icon

    役に立った:43

  • pv icon

    PV:54576

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら