ヘルプ

机上論ではなく現場での実践が大事 って英語でなんて言うの?

机上論も必要なんだけど、現場を見たりすることが大切ということを言いたいです。「事件は会議室で起こってるんじゃない 現場で起きてるんだ」の感じです。
yasuさん
2016/03/12 14:41

8

7214

回答
  • ① What's important is what's happening on the ground and not at the office.

  • ② Practice over theory.

事務所で起きていることよりも、現場で起きていることが大事とを言うには、「① What's important is what's happening on the ground and not at the office.」を推奨します。

「on the ground」は「現場」という意味です。

また、「机上論より実践」を言うのは、「② Practice over theory.」。決まり文句的な表現です。

ジュリアン


Julian Sushi Chef / English Teacher / Cyclist / Horseman
回答
  • Theory is one thing. Practice is another.

yasuさんへ

既に先の回答者様がアドバイスされている内容が
ございますので、追加で紹介致します。
(以前のご質問への回答となり、たびたび失礼いたします)

A is one thing. B is another (thing).

で、Aは一つで、Bはもう一つ、つまり「AとBは別物」
という便利な表現があります。

Saying is one thing. Doing is another.
「言うことと実際に行うことは別物」

Speaking is one thing. Reading and writing is another.
「( ex. 英語を)話すことと、読み書きは別物」

などと、簡単に応用が効きます。

・・・少しでもお役に立てますと幸いです。
yasuさんの英語学習の成功を心より願っております。

LLD外語学院 学院長 前川 未知雄






Michio Maekawa 株式会社ランゲージ・ラーニング・デザイン  代表取締役社長

8

7214

 
回答済み(2件)
  • 役に立った:8

  • PV:7214

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら