英語がある暮らしって英語でなんて言うの?

日本国内ににいるとなかなか英語がある暮らしをするのが難しいです。
female user icon
Mayukoさん
2016/04/05 17:54
date icon
good icon

5

pv icon

6129

回答
  • Life with English

    play icon

  • English life

    play icon

そうですね~、日本ではメディアや世間一般的にこれだけ「英語!」、「英語を学ぼう!」、「英語をやらないとっ!!」と騒いでいるのに、実際は私たちがこの国で普通に暮らす限り、これだけ騒がれている英語とやら言語を誰もが朝から晩までずっと使い続けることができる、又は使わないと暮らしていけない環境なんてどこにも無かったりするんですよね。実に不思議です。

さて、そこで、「英語がある暮らし」という表現をするには、”Life with English"、直訳すると「英語と一緒に暮らす生活」、また単純に "English life" ,「英語での生活」なんて表現しても良いかと思います。ただし、これらはタイトル的な、このままの単体表現としての英訳となります。

つまり、これは何語でも同じことが言えるんですが、言語をマスターしようと努力していく場合、どれだけの単語、熟語を単体で覚えても実際それらをどう表現の中で使うか、どんな自然なセリフやフレーズが作れるか、などの実用的な使い方の知識と練習が無ければ何の意味も持たないただの知識で終わってしまうんですね。 

そしてこの理由が大変重要であることが解る一つの例となるのがまさに今回のご質問の内容になります。というのも、一つの表現としてであれば上記の通りの英訳が考えられますが、同時にそれを人に伝える実際のフレーズにしようと思ったら全く違う言い方もまた出てくるからなんです。例えば、この具体的な使い方としては、まさに「日本国内ににいるとなかなか英語がある暮らしをするのが難しいです。」と言う時、英語では次の通りの表現が考えられますね:

”It's a bit difficult to find a life where you can use English as much as you want in your daily life in Japan."

このように、いつでも実際の文にして相手にその表現を使って何かを言おうとした場合は常に変形する可能性がありますので、だからこそ難しい、面白い、柔軟性と想像力が必要になってくるんですね。ポイントは、とにかくひたすら使って使われて覚えていくということですね♪

英語がんばってください!!

Hara Ken English teacher
回答
  • It is a bit difficult to find an opportunity to use English in my daily life

    play icon

日本語はしばしば省略が起こりますので、英語に直すときは注意が必要です。
簡単な省略の例でいえば、

先週末は仕事をしてました。

このように、主語を省略することは当たり前のように起こります(ここでは、私はが抜けていますね)。英語では、命令文等を除き主語を省略することはありません。

今回の「英語がある暮らし」というのも細部を省略している表現かと思います。厳密に言うと「英語を話したり聞いたりする機会がある暮らし」ということだと思いますので、ここではopportunity(機会)という単語を使ってみました。
Masaki Suzuki バイリンガルTOEIC、英会話講師
good icon

5

pv icon

6129

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:5

  • pv icon

    PV:6129

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら