世界とつながるオンライン英会話 DMM英会話

バカと天才は紙一重って英語でなんて言うの?

似てるけど違うというニュアンスを表現する言い方を教えてください。
male user icon
hirokiさん
2019/04/27 10:57
date icon
good icon

21

pv icon

13748

回答
  • Theres a fine line between genius and idiot

    play icon

英語でも「バカと天才は紙一重」と同じような言い回しがあります。 Theres は there is の省略バージョンで、[〜がある」という意味があります。fine lineは、凄く薄い線を表し、there is a fine line で、「凄く薄い線がある」と言う意味になります。 Between 〜and〜 で、「〜の間に」と言う意味になり、全部を繋げて、there is a fine line between genius and idiot, 直訳すると「天才とバカの間には凄く薄い線がある」と言う意味になり、「バカと天才は紙一重」と同じ意味として使うことができます。
Shiori G 英語講師
回答
  • The line between genius and stupidity is thin.

    play icon

英語では、「バカと天才は紙一重」というフレーズと同じニュアンスを持った表現として、"The line between genius and stupidity is thin."というフレーズがあります。これは直訳すると、「天才とバカとの間の線は細い」となります。 このフレーズがあなたが表現したい「似ているけど違う」というニュアンスを表しています。つまり、天才とバカとの間の差は小さい、またはあやふやであることを表しています。 「line」は「線」、「boundary」や「border」のように「境界」を表しています。「thin」は「細い」、つまりこの境界があいまいであることを示しています。 また、このフレーズに似た表現として"The difference between genius and stupidity is slim."というものもあります。これも天才とバカの間には微妙な差があるということを示しています。 この英語フレーズを覚えることで、英会話の中でこの表現をスムーズに使うことができるようになるでしょう。
good icon

21

pv icon

13748

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:21

  • pv icon

    PV:13748

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー
無料会員登録はこちら