ヘルプ

私は、教育格差のない世の中をみんなで作りたい。って英語でなんて言うの?

格差のない平和な社会を。
TAKASHIさん
2016/07/03 21:12

9

8528

回答
  • I’d like to develop a collaborative approach with others to make the world free of educational inequality.

フォーマルなスピーチの文言とのことなので、ふさわしい表現を選びました。

collaborative approachは「共同、協力して行う取り組み」。
develop a XXX approachは、「XXXな取り組み/アプローチを策定する、展開する」で、an effective approach(効果的なアプローチ)などに入れ替えが可能です。

“I’d like to develop a collaborative approach with others”の部分は、”I want to work together with others”とすれば、ふだんの会話っぽい表現になります。

「みんな」が漠然としているので、状況に応じてwith my team/staffなどとしてもいいですね。

「教育格差」はeducational inequality。かたい表現です。
少しカジュアルにすると、education gap。

「格差のない平和な社会」のため、よいスピーチができますように。
Eri Takigawa トランスメディア・ソリューションズ(有)代表 英語研修講師 語学書ライター
回答
  • I want to create a world where there is no educational gap with everyone.

この文章が以下のように翻訳されています。

私は、教育格差のない世の中をみんなで作りたい。 ー I want to create a world where there is no educational gap with everyone.

私は、 ー I
教育格差のない ー where there is no educational gap / where there is no gap in education / with equal access to education
世の中を ー A world
みんなで ー with everyone
作りたい。 ー I want to create / I want to make

参考になれば嬉しいです。
Alice G DMM英会話翻訳パートナー

9

8528

 
回答済み(2件)
  • 役に立った:9

  • PV:8528

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら