世界とつながるオンライン英会話 DMM英会話

「夏に、敢えて熱いものを食べる」って英語でなんて言うの?

日本には「夏に鉄板焼きやラーメン、カレーなど敢えて熱いものを食べて、夏バテを予防する」という考え方をする人もいるよ。と伝えたいのですが、どんな表現が適切でしょうか。
default user icon
Chikoさん
2016/08/26 13:37
date icon
good icon

5

pv icon

7032

回答
  • We choose to eat hot food in summer in Japan to avoid summer heat fatigue.

【choose to V】「選んでVする」、【summer heat fatigue】で【夏バテ」です。それを【avoid】「避ける」と表現しました。 「熱い食べ物」は文字通り【hot food】ですが、「辛い」も【hot/spicy】です。 ちなみに夏の暑さは湿気が多くあれば【muggy】、ムシムシで息が詰まる感じであれば【stuffy】、焼けるような灼熱は【scorching】等、暑さの種類によって表現が様々にあります。
Tsu 英会話講師トレーナー、高校英語教師
回答
  • In summer, some people deliberately eat hot foods like teppanyaki, ramen, or curry to prevent getting fatigued by the heat.

あえて熱いものを食べるという習慣を表す場合、「deliberately」という副詞が「敢えて」という意図を表し、「eat hot foods」とは文字通り「熱い食べ物を食べる」という行為です。「to prevent getting fatigued by the heat」というフレーズで、「夏バテを予防する」という目的を明確にします。伝統的な日本の食品である「teppanyaki」(鉄板焼き)、「ramen」(ラーメン)、そして「curry」(カレー)を例に出すことで、既に具体的な食事の種類をイメージしやすくしています。 夏の暑さへの適応策としての食事法を説明する際に役立つ他の関連単語: - beat the heat (暑さを乗り切る) - summer fatigue (夏バテ) - traditional approach (伝統的な方法) - stay energized (元気でいるために) - maintain strength (体力を維持するために)
good icon

5

pv icon

7032

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:5

  • pv icon

    PV:7032

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー
無料会員登録はこちら