世界とつながるオンライン英会話 DMM英会話

炎上商法って英語でなんて言うの?

ツイッターやブログで敢えて反感を煽って注目を集めるような宣伝方法、海外でもありますか?
default user icon
Nobさん
2016/10/16 08:41
date icon
good icon

38

pv icon

19042

回答
  • 1. flaming (internet) marketing

    play icon

  • 2. viral marketing

    play icon

「炎上商法(マーケティング)」という言葉自体はアメリカなどでそこまで広く一般的な言葉ではないかと思いますが、訳すとすれば1. flaming internet marketingでしょうか。internetがあったほうが説明としては理解されやすいと思います。 ちなみにflamingの言葉自体は「(ネットの)誹謗中傷」の意味でよく使われています。 また少し「炎上商法」とは意味合いがズレますが、口コミを利用して市場の拡大を狙うマーケティング手法を2. viral marketing(バイラル・マーケティング)と呼びます。こちらは一般的なフレーズでよく使われています。viralは「ウィルスの」を意味し、口コミで人から人へと広がっていく様子を「伝染」に例えたものです。 例文 1. "Many consumers were appalled by their use of flaming internet marketing. Their reputation was severely damaged." (彼らの炎上商法の使用に多くの消費者が怒りを感じました。彼らの評価は大きく損なわれました。) 2. "The trendy clothing brand's viral marketing campaign caused a huge buzz on social media." (流行の服装ブランドのバイラルマーケティングキャンペーンは、SNSで大きな話題を呼びました。)
Daisuke Ebisu 英会話スクール運営。英語講師&英語書籍ライター
回答
  • viral marketing

    play icon

「炎上商法」および「炎上マーケーティング」= viral marketing になります。 世界中で「viral marketing」が普及していると思います。 ですが,マーケーティングと限らず"It went viral" を聞けば,一般人の投稿や発言や写真や動画のことも示します。 ご参考までに よろしくお願いいたします。
good icon

38

pv icon

19042

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:38

  • pv icon

    PV:19042

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー
無料会員登録はこちら