居候三杯目にはそっと出しって英語でなんて言うの?

人の世話になっている者は食事のときも遠慮しがちになる、という意味
default user icon
( NO NAME )
2016/11/21 21:46
date icon
good icon

5

pv icon

2784

回答
  • Beggars can't be choosers.

    play icon

Beggars can't be choosers.
〔訳〕物乞いはえり好みできない。


同じ意味の英語のことわざは見つかりませんでした。
少し近いかなぁ、というものです。

★ 意味
beggar は「物乞い」、
chooser は「選ぶ人」という意味です。

直訳は「物乞いは選ぶ人にはなれない」。

「お金がない時、選択肢がない時は、
与えられたものを受け入れるしかない」、みたいな意味合いです。


「居候三杯目にはそっと出し」とはかなり意味が違うと思います、
参考程度にしてください。

ありがとうございました。
Takaya Suzuki ほんやく検定1級翻訳士
回答
  • Even a freeloader may show hesitation when asking for their third cup of rice.

    play icon

これ難しいです。
日本語の意味をそのまま訳しました。

「居候」に似ている英語にはfreeloader / moochという英語がありますが、質問のフレーズが意味するような「おかわりを遠慮する」なんていう遠慮の気持ちは持たないような「図々しい厄介者の居候」みたいな意味になるので、この質問の回答にぴったり合わないなーと思っています。
日本の「居候」は遠慮する気持ちがあるから、英語の意味の「居候」とは文化的なギャップが出てきて、言葉がマッチしない。どうしてもこういうことが起こる ときがありますね。

少しでもお役に立てたら嬉しいです。
Jeremiah 写真家 執筆家
good icon

5

pv icon

2784

 
回答済み(2件)
  • good icon

    役に立った:5

  • pv icon

    PV:2784

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら