わざとじゃないのごめんねって英語でなんて言うの?

間違えて相手を傷つけてしまったときに謝る場合。
female user icon
Mihoさん
2016/01/14 15:28
date icon
good icon

196

pv icon

43465

回答
  • Sorry, I didn't mean it.

    play icon

「そんなつもりじゃなかったの、ごめんね」という時に使うフレーズです。
mean は「意味する」という動詞ですが、mean it で本気でそう思う、となります。

I mean it.

で、「冗談じゃなくて本気だから」「マジだよ」という意味です。
どちらもよく使うので、覚えておくととても便利ですよ。
Yumi 発音コーチ、英語コンサルタント
回答
  • ① Sorry! I didn't mean to do that.

    play icon

  • ② I didn't mean it!

    play icon

2つの英語の表現をご案内させていただきます。

まず、謝りながら「意図的じゃないよ」と言いたい場合「① Sorry! I didn't mean to do that.」をお勧めします。「I didn't mean to」は「わざとじゃないよ」の意味です。

*上記はこの傷よりも外傷に使います。

二つ目の提案は「② I didn't mean it!」。責任を否定する、自己弁護的な表現です。

使い方は以下の例を参考にしてください。

例文:
John: You hurt me in that tackle!! Are you trying to kill me?(さっきのタックル痛かったぞ!俺を殺そうとしているの?)
Julian: I didn't mean it! (わざとじゃないよ!)

ジュリアン
Julian Sushi Chef / English Teacher / Cyclist / Horseman
回答
  • It wasn't on purpose

    play icon

  • It wasn't intentional

    play icon

  • You'll have to forgive me because I never meant to hurt you at all

    play icon

まだ挙がっていないまたもや他の言い方もあるので紹介します。

“on purpose”は“わざと” という意味のもう一つの間接的な表現。直訳だと“purpose”という単語がそもそも“目的” ですから“on purpose” は“その目的で”、というニュアンスからの表現です。

同時に“intentional” (意図とした)という単語を使った例もありますね。

いずれ、ここまで他の先生らが挙げている“didn’t mean” が一番よく聞く表現だと思いますが、ここで挙げている幾つかの表現もまた映画やドラマなどでかなり使われているのを聞くことがあります。さらに、こういった表現は定番表現を使わないことで心込めて、“マジで”、“本当に本当に” という相手に対する申し訳ないという気持ちをより強調した表現にすることもできます。

私が兄と話す時はお互いに滅多に謝らない(笑)のでこういった表現を言うならば上記の理由でこの例文のどちらかを使っていると思います。

また、あくまでもネイティブならではの言い方で、実際は直訳すると日本語的では言わないかもしれませんが、“You’ll have to”(あなたは○○しなければならない) という表現もまたよく聞く表現です。 (どちらかというと命令っぽく聞こえるので、本当に謝っているのか?と疑いたくなっちゃいますが、英語に慣れていけばネイティブの相手と話す時は全然問題ありません。)

またこれまでの“mean”を過去形にし、“never”(決して)と“at all”(全く)を付けた“すごく後悔している” という表現もまたあると思います。
Hara Ken English teacher
回答
  • Forgive me,I didn't mean to hurt you.

    play icon

Forgive me,I didn't mean to hurt you.
許して。傷つけるつもりはなかったの。
didn't mean to はつもりはなかった、意図はなかったというときに使う言い回しです。だいたいこうやって否定形で使うので、肯定で使うとYumiさんの説明のようにすごく強い意味を持ちます。
回答
  • It was an accident.

    play icon

  • I didn't mean it that way.

    play icon

  • I'm sorry that I hurt your feelings. It came out wrong.

    play icon

そんな意味で言ってなかった。
I didn't mean it that way.

わざとやってなかった。
It was an accident.

I'm sorry that I hurt your feelings.傷つけてすみませんでした。
It came out wrong 言い方が間違っていた
(そんな意味で言ってなかった)

どれもとてもネイティブ的な言い方で、きっと仲直りがこれでできます。
回答
  • I didn't mean it, sorry.

    play icon

直訳すると、
「私はそれを意味してはいませんでした。ごめんなさい。」
となります。

mean は動詞で、「意味する」「意図する」。
相手の発言の意図が聞きたい時には
「どういう意味?」
What do you mean?

相手の言った一語が気になった時には
「〜ってどういう意味?」
What do you mean by 〜?

It は、話し手と聞き手の間に共通理解がある前提で使われますので、
しばらく時間が経って謝る場合には
I didn't mean to hurt your feelings.
などと、はっきりと言う必要があります。
回答
  • I didn't mean it that way, my bad.

    play icon

他のアンカーさん達の言う様に"mean it"は頻繁に使われます。

謝る時は素直にI'm sorryが一番王道で素直に聞こえますが
男性の友達同士の場合ですとmy bad!="悪りぃ!”や”すまん!”な感じでよく使います。

回答
  • It wasn't my intention to hurt you but I did, I'm sorry.

    play icon

  • Please accept my sincere apology.

    play icon

  • I'm aware that I hurt you, please forgive me. It wasn't intentional.

    play icon

It wasn't my intention to hurt you but I did,I'm very sorry.
I'm aware that I hurt you, please forgive me. It wasn't intentional.

>You are taking responsibility for your mistake and saying sorry.

Please accept my sincere apology. > This sounds more formal. So you can use this sentence to apologize to a colleague/customer/boss ;basically anyone you are not very familiar with.
“It wasn’t my intention to hurt you but I did, I’m very sorry.”
(あなたを傷つけるつもりはなかったけれど傷つけてしまったのですみません。)

“I’m aware that I hurt you, please forgive me. It wasn’t intentional.”
(私はあなたを傷つけてしまったことを自覚しています。どうか私を許してください。わざとではありませんでした。)

>あなたはご自分の間違えに責任を持って謝っています。

“Please accept my sincere apology.”
(心よりお詫び申し上げます。)

>これはより形式ばっているように聞こえます。したがって同僚、お客様、上司など基本的にあまりなじみのない人全員にこの文を使って謝罪することができます。
Jemy K DMM英会話講師
good icon

196

pv icon

43465

 
回答済み(8件)
  • good icon

    役に立った:196

  • pv icon

    PV:43465

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら