ヘルプ

「映画と現実はやっぱりちょっと違う」って英語でなんて言うの?

「映画は映画。現実とはやっぱりちょっと違うよね」というときのフレーズを教えてください。
"やっぱりちょっと違うよね"のニュアンスが強いフレーズであると助かります!
( NO NAME )
2017/12/02 20:50

6

2127

回答
  • Film and reality are slightly different.

  • There is a slight difference between film and reality.

映画と現実はやっぱりちょっと違う。
Film and reality are slightly different.

映画と現実にちょっと差がある。
There is a slight difference between film and reality.

映画は映画。現実とはやっぱりちょっと違う。
A film is a film and it's slightly different from the reality.

映画も撮っていますが、普段以上のように会話したりしますので、ご参考になれば幸いです。


Vikash Paliwal 映画プロデューサー/映画監督/脚本家
回答
  • Movies are a little bit different from reality.

1. Movies are a little bit different from reality.
「映画は現実とはちょっと違う」

ちょっとだけ(少し)と言う時 "a little bit" という言い方をします。 
"different from~"は、「~と違う」と言う時によく使う表現です。 
回答
  • As we know, movies are a little different from reality.

もし「やっぱり」という訳語に拘るのであれば、
as we know「私たちは(すでに)分かっていることだが」みたいな感じで表せるかと思います。
(as we all know「私たち皆分かっていることだが」、as we already know「もう既に分かっていることだが」なども使えます)

ただ、2人の回答者の方が基本的に「やっぱり」の訳を飛ばしていることにも表れているように、この場合の「やっぱり」は英語にするにあたって基本的には不要かなと思います。
基本的に、日本語に比べて、英語は接続表現の使用頻度や種類が少ないと思います。
日本語と英語のテキストを比べてみたときに、英語だと何の接続表現も使われていないのに、日本語に翻訳されたときに接続表現が足されていたりというのは割とよくあることです。
回答
  • After all, reality is slightly different than what is portrayed in the movies.

  • Reality is actually a lot more different than what is in the movies.

"やっぱりちょっと違うよね"というニュアンスを強くすると

1) やっぱり(最終的に) after all を最初に持ってくることで強調してみました。
2) やっぱり(実は) actually という表現を文中に使ってみました。
Keiko Ishino 英会話教室主宰・パラリンピック記者

6

2127

 
回答済み(4件)
  • 役に立った:6

  • PV:2127

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら