親に反抗できる主体性があるだけ、まだましだと思うって英語でなんて言うの?

子ども、若者の発達心理に関する話題です。主体性が育っていなかったり、子ども自身の価値観の形成が未熟な子どもたちがたくさんいます。だから、親の価値観に反抗できるだけの、主体性や価値観があるのは、主体性がないよりまだましだと思います。
default user icon
TOMOKOさん
2020/10/14 23:56
date icon
good icon

1

pv icon

844

回答
  • I think rebellious and determined/strong-willed children are much better.

    play icon

「親に反抗できる主体性があるだけ、まだましだと思う。」は、

"I think rebellious and determined/strong-willed children are much better."

「(反抗できない主体性がない子どもたちより)反抗できる主体性がある子どもたちの方がいい。」という意味です。

"rebellious"は、「(親などに対して)反抗的な」です。

「主体性がある」は、「自分の確固とした意志を持っている」という意味で、

"determined"「断固とした」/"strong-willed"「意志が強い」

を使うことができます。


ご参考になれば幸いです。
good icon

1

pv icon

844

 
回答済み(1件)
  • good icon

    役に立った:1

  • pv icon

    PV:844

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら