ヘルプ

こればっかりは運だって英語でなんて言うの?

上司や親は選べない!
こればっかりは運だ。
Hirokiさん
2016/09/06 16:08

5

5397

回答
  • No choice but to leave it to the chance.

  • Have resigned to my fate.

例を2つ用意しましたが、
(個人的異見になりますが・・・)それぞれ微妙にニュアンスがことなります。
英文の意味は下記のとおりです。

"No choice but to leave it to the chance."
「運(可能性)に頼るしかないよ」

"Have resigned to my fate."
「運(命)に従うだけさ。」

どちらも「運に頼る」という意味になるのですが、
一つ目の文章は()の中に記載したとおり、「可能性」="chance"という単語を使っており
可能性がある事柄について発言する場合はこちらのフレーズを用いれば良いかと思います。

二つ目の文章は、「運命」="fate"という単語を使っているため、
本当に分からない、考えられる可能性がないようなことが起こった/起こる場合に使います。

Hirokiさんが質問に挙げられた内容に関して突っ込んで回答させていただくと
上司に関しては"chance"というフレーズをすればいいかと思います。
※将来的な要素がある、且つ、特定の相手(上司)と絶対に一緒にならないとは分からないからです。

しかし、親となってくると少し話が違います。
自分の親、つまり既に存在するものに対しては
運命的要素が強いため、"fate"という単語を用いたほうが自然かと思います。

参考になれば幸いです。

5

5397

 
回答済み(1件)
  • 役に立った:5

  • PV:5397

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら