英語習得がゴールではなく、英語を使ってどのように社会貢献できるかが重要です。って英語でなんて言うの?

英語習得のゴールをもう一度見直したい。
default user icon
TAKASHIさん
2016/06/30 16:55
date icon
good icon

4

pv icon

2699

回答
  • Learning English is not the main goal. The important thing is to contribute to society by using your English ability.

    play icon

The important thing is to...で「重要なことは・・・することです」という構文です。
最も重要なことは、と言いたい場合は、The most important thing is to ...となります。

英語を使ってどのように社会貢献できるか⇒英語力を使って社会に貢献することです
という例文にしました。
「貢献する」はcontributeで、名詞のcontributionと共によく使われる単語です。
一緒に覚えておいてくださいね。
Yumi 発音コーチ、英語コンサルタント
回答
  • The importance of English learning lies in philanthropy and social responsibility, rather than acquiring the language.

    play icon

A lies in B「AはBにある、に起源する」の用法を使いました。つまり日本語訳は「英語学習の重要性は、言語習得よりもむしろ、慈善行為や社会的責任にあります」となります。このlie inは、単に寝転がるという意味もありますが、むしろこの用法の方が使う機会や見る機会が多いのではないでしょうか。ぜひ覚えておいてくださいね。
Zakiyama バイリンガル自由人
回答
  • What is important is not whether I can speak English, but whether I can contribute to society by using English.

    play icon

既に回答挙がっていますので、別の角度から意訳してみました。
What is important is not whether I can speak English, but whether I can contribute to society by using English.
「重要なのは、英語が話せるかどうかではなく、英語を使って社会に貢献できるかどうかなんだ」
の意味です。

このように表現しても、同じようなニュアンスは伝わると思います。
good icon

4

pv icon

2699

 
回答済み(3件)
  • good icon

    役に立った:4

  • pv icon

    PV:2699

anchor ranking icon
アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
menu icon
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら