ヘルプ

こっちこそごめんなさいって英語でなんて言うの?

友達から、ホームパーティの場所がわからなくていけなくてごめんと言われましたが、むしろこっちこそ場所をちゃんと教えてなくてごめんね、というとき。
rikkaさん
2015/12/04 14:54

101

53105

回答
  • I'm the one who should apologize.

「わたしが謝るべきなのに」という意味です。

A: I'm sorry that I couldn't go to your party because I got lost.
道に迷ってパーティに行けなくてごめんね。
B: No, don't feel bad. I'm the one who should apologize for not telling you the directions.
気にしないで。わたしの方こそ道順を教えてなくてごめんね。
回答
  • It's my fault.

  • My bad.

・It's my fault.
・My bad.

Sorry for not being able to go to the party, I couldn't find the venue.
パーティーに行けなくてすいません、場所が見つけられませんでした。

Oh no, it's my fault. I should have told you where it is more in detail.
いやいや、私のせいですよ、ちゃんともっと詳しく場所を教えるべきでした。

のように、「謝る」という単語は入ってはいませんが、間接的に申し訳ない気持ちを表してますね!
回答
  • Don't apologize! It was my fault.

  • No need to apologize, I'm the one who should apologize!

In the US, when people apologize for something that's not their fault, it's common to say "Don't apologize!" or "No need to apologize!" In this situation it would be good to re-direct the fault to yourself with a phrase like, "It was my fault." Or, "I'm the one who should apologize."
アメリカで自分のせいではないのに謝罪するときに、「 Don't apologize!」「No need to apologize!」と一般的に言うことができます。

この状況では、以下のようなフレーズを言って、間違いを自分自身に向けることがよいです。

It was my fault.
私のせいでした。
I'm the one who should apologize.
私が、謝るべきでした。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Myriah DMM英会話講師
回答
  • No, I am sorry that I wasn't clear. I should have made sure you knew where it was.

「いいえ、こっちこそ明確に伝えなくてごめんなさい。私こそ、あなたがその場所を確実にわかっているようにすべきでした」という感じになります。「こそ」という表現はありませんが、「I」am sorry, のように「I」を強調するとニュアンスが伝わると思います。お役に立てれば幸いです。
回答
  • No, it's my fault (that you couldn't find my house)

  • I think it's down to me (that you couldn't find my house)

  • No need to apologize! It's me who should be apologizing.

Any of the above should be appropriate for this example.
この例の場合は上記は全てあてはまります。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Ian W DMM英会話講師
回答
  • No it is my fault I should have given you clearer directions.

  • My bad.I am the one who didn't give you clearer directions.

The above sentences mean that you are aware of your fault and you are apologetic about it.

My bad also means my fault.
これらの表現は自分が気づいていない過ちや間違い、過失に対しての謝罪です。

My bad と my faultは同意語です。自分のミスという意味

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Natsai DMM英会話講師
回答
  • Don't be sorry! I am sorry

  • I'm the one who should apologize.

These expressions are used when someone is apologising (saying sorry) to you for something, but they should not be apologizing in the first place, and that it is you who should be apologizing to them.
A common situation this may have occurred in is when you had given directions to a friend and they then in turn couldn't find the location as your directions where not clear and they are apologizing to you for not coming or being late.
これらの表現は、自分が謝らなければならないことについて相手に謝られたときに使います。

例えば、友達に道順を教えたものの、教え方が悪く、なかなかその場所を見つけられなかった。相手は「遅れて[来られずに]ごめん」と謝ってくる。そんな場面で使うことができます。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Jack F DMM英会話講師
回答
  • No! Please! I am the one who should be apologizing.

  • I believe I owe you an apology.

  • Thank you for your apology, but I am the one who should actually apologize.

These are my preferred ways of making this statement. I will actually thank the person for apologizing and then advise them that I am actually the one in error.
上記は私が好んで使っている表現です。
謝ってくれていることに対して感謝して、間違っているのは私のほうだということを伝えるようにしています。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Stephanie H DMM英会話講師
回答
  • Don't apologize. I should have been more clear.

  • Please dont worry about it. I should have given better directions.

"Don't apologize. I should have been more clear. " This explains that it is not her fault and that you should have given her a better explanation on how to get there.

"Please don't worry about it. I should have given better directions." This tells her it isn't her fault and she must not feel bad. It also explains that you could have made it easier for her.
例文
"Don't apologize. I should have been more clear. "
謝らないで。私がもっとはっきりと言っておくべきだった。

彼女が悪いのではなく、そこへの行き方を、彼女にもっときちんと説明すべきだったと言っています。

例文
"Please don't worry about it. I should have given better directions."
そのことは心配しないで。もっときちんと行き方を言うべきだった。

彼女が悪いのではないから、悪いことをしたと思わなくて良いと言っています。又彼女がもっと簡単に来れるように説明すべきだったと説明しています。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Jody R DMM英会話講師
回答
  • Entirely my fault...

  • I take the blame, its entirely my fault...

When we are right ... we are right:-) But when we are wrong...
We should: "Take the Blame" and openly declare whose "fault it is":-D
There is no escape or argument when...Its entirely my fault.
正しいときは正しいです。でも正しくない時もあります。
そんなときは私たちは非を認めて、誰の責任か(fault it is)オープンに認めること(take the blame)です。
すべて自分の責任だった場合、逃げることも論駁することもできないですね。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Scobie DMM英会話講師
回答
  • Not at all. The fault is mine. My directions were not clear. Please forgive me?

  • My bad. I should have included my cell phone number.

  • I'm so sorry that you missed the party. We missed having you there. Can we make a date to have you over another time?

No, no. You have nothing to apologize for. I am so sorry that I let you down in that way.
例文:
No, no. You have nothing to apologize for. I am so sorry that I let you down in that way.
(いやいや、あなたは謝らなくて良いですよ。がっかりさせて、私こそごめんなさい。)

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Merin DMM英会話講師
回答
  • It's my fault, Not yours.

  • Don't apologise, I didn't explain the directions clear enough.

Any of the above would be appropriate in a situation like this.
どちらの表現もこの状況で使うことができます。

※翻訳した※原文の補足説明です。

原文(英語)翻訳した補足説明(日本語)はこちら
Kirsty J DMM英会話講師
回答
  • No, I'M sorry, I should have given you better directions (to the party).

  • No, I should be the one apologizing.

  • No need to apologize, it's my fault for giving you bad directions.

英語のエチケットでは、まず言われた「ごめん」を否定して、それから自らの謝罪を言うのです。

"No(相手の「ごめん」を否定)→ I should be the one apologizing (謝るべきなのは私です)"

上記の答えに全部大文字で「I'M」(私が)を書きましたが、それは「こっちこそ」の「こそ」を意味し、英語で言う時に少し強調したら伝えます。

No need to apologize, it's my fault for giving you bad directions.
謝らなくていいですよ。不明な方向を教えたのはこっちですから。
回答
  • There's no need to apologise, it was my fault...

  • Don't apologise, it's me that should be apologising...

  • I'm sorry too...

When we feel that the blame for a situation is wholly or partially our fault we often feel the need to apologise and justify why the error occurred, especially if someone is offering us an apology for the mistake.
The following phrases are likely to be used to offer our apology and give us the opportunity to say why the problem happened:

- There's no need to apologise, it was my fault, I should have given clearer instructions.

- Don't apologise, it's me that should be apologising, I should have checked you knew where I lived.

- I'm sorry too, I'll give you better directions next time.
Gayle S DMM英会話講師

101

53105

 
回答済み(14件)
  • 役に立った:101

  • PV:53105

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら