ヘルプ

残念ながらって英語でなんて言うの?

就活において、会社は不採用の時に
「残念ながら、今回は採用を見送らせていただきます」
と面接に来た人にメールをしたり電話をしたりします。
Kosugiさん
2018/01/29 19:01

136

100500

回答
  • We regret to inform you...

残念ながらは unfortunately や sadly がありますが、採用見送りの文ではほぼ必ず:「We regret to inform you...」で始まります。

Julian Sushi Chef / English Teacher / Cyclist / Horseman
回答
  • Unfortunately, we won't be able to hire you this time.

残念ながら、はUnfortunatelyでほぼどんな状況でも使えるので覚えておくと便利です。
「採用を見送る」というのはとても日本的な表現ですので、直訳すると変になります。
ですので英語の場合は「今回はあなたを雇うことはできない」で通じます。

参考になれば幸いです。
Peerless Yukari ルシッドコミュニケーション代表 カナダ在住ライター・翻訳者
回答
  • I regret to inform you

  • unfortunately

  • I'm afraid

「残念ながら」は英語で「unfortunately」、「regret to 動詞」、「sadly」といいます。「I’m afraid to」という表現もよく使われています。

We regret to inform you that your application has been unsuccessful on this occasion.
(残念ながら、今回は採用を見送らせていただきます。)

Unfortunately that item is no longer in stock.
(残念ながらその商品の在庫はございません。)


I’m afraid your dog doesn’t have long to live.
(残念ながらオタクのワンちゃんは長く行きません。)
Mairi 英語講師/著者/英語ブロガー
回答
  • Unfortunately

  • Regretfully

  • We regret to inform you that

「残念ながら」は英語でunfortunatelyやregretfullyなどと言います。

ビジネスの文章では We regret to inform you that ○○ という表現がよく使われています。

例)

念ながら、今回は採用を見送らせていただきます
We regret to inform you that you were not chosen for the position this time.
Unfortunately, you were not chosen for the position.
Regretfully, you were no chosen for the position.

残念ながら、11月いっぱいで退会させて頂きます
I regret to inform you that I will be leaving at the end of November
Unfortunately, I will be leaving at the end of November
Regretfully, I will be leaving at the end of November

ご参考になれば幸いです。
回答
  • After careful consideration we regret to inform you that your application has been unsuccessful.

「残念ながら」は文脈によって言い方が変わりますね。


〔例〕

After careful consideration we regret to inform you that your application has been unsuccessful.
→検討した結果、残念ながら採用は見送らせていただきました。


上の例では「regret」で「残念ながら」の気持ちを表しています。
「regret」はここでは「残念に思う」という意味の動詞です。


ご質問ありがとうございました。
回答
  • I regret to inform you...

  • Unfortunately...

「残念ながら」は英語で「I regret to inform you...」もしくは「Unfortunately...」と言います。
会社や学校が候補に不合格の様子をメールや手紙で伝えたい際、「I regret to inform you...」の表現が使われることが多いです。
話す際や比較的に軽い残念なニュースを伝える際は「Unfortunately...」が使われます。
上記の言葉を使った例文を見てみましょう。

I regret to inform you that your application has not been successful on this occasion.
残念ながら、今回は採用を見送らせていただきます。

Unfortunately, we won't be having the company picnic this year.
残念ながら今年は会社のピクニックが行われないことになりました。

Unfortunately, I won't be able to make you dinner tonight, so please prepare it yourself.
残念ながら今夜は夕飯を作ってあげれないから自分で用意してね。

ぜひご参考にしてみてください。
Keen K DMM英会話翻訳パートナー
回答
  • Unfortunately

  • I'm afraid

  • while its a shame

ご質問ありがとうございます。


残念 はそのままだと shame, regretだといいます。
ながら は英語でwhileだといいます。


でも仕事的に while its a shame はちょっとカジュアル過ぎます。友達の中はOKですけれども、時々ちょっと皮肉な言い方でふざけ流感じします。


残念ながら、今回は採用を見送らせていただきます
unfortunately, we will not be hiring you this time.


ゲームで友達に勝ったら、皮肉的にこれがいえます、
what a shame, you lost!
残念だね、負けたね


ご参考になれば幸いです。
回答
  • We regret to inform you that ~

  • I'm sorry to say that ~

  • I hate to tell you this, but ~

"We regret to inform you that ~"は「残念ながら、~」を意味します。これは一番正式で硬い言い方です。会社からの不採用申告に相応しいと思います。会社や組織などからのメールだったら、"we"が普通ですが、"I"も使えます。

"I'm sorry to say that ~"も「残念ながら、~」を意味します。もうちょっとカジュアルな言い方です。会社からの不採用申告ではない場合にもっと相応しいです。例えば、手数料が上がる時に使えます。"Unfortunately, ~"はほぼ同じ意味合いです。

"I hate to tell you this, but ~"も「残念ながら、~」を意味します。日常会話では聞き手が聞きたくなさそうな知らせをするときによく使われています。"I hate to break it to you, but ~"はほぼ同じ意味でスラングの言い方です。

「今回は採用を見送らせていただきます。」の英訳ですが、"We will not be proceeding with your application at this time."または"We have found other candidates who are more suitable to this position."はよく見る決まり文句だと思います。


例文一:
We regret to inform you that we will not be proceeding with your application at this time.
残念ながら、今回は採用を見送らせていただきます。

例文二:
I'm sorry to say that we have found other candidates who are more suitable to this position.
残念ながら、今回は採用を見送らせていただきます。

例文三:
I hate to break it to you, but you didn't get the job.
残念ながら、今回は採用を見送らせていただきます。
Michael H DMM英会話講師
回答
  • Unfortunately, ...

  • We regret to inform you...

「残念ながら」という言葉はいくつの言い方があります。一つのは「unfortunately」という副詞で、何でもの状態に使えます。カジュアルな状況でもフォマルな状況でも使えます。もっとフォマルな言い方は「We regret to inform you that...」というフレーズをよく使われています。「that」を後は何のメッセージを付けます。

We regret to inform you that you will not continue to the next interview.
残念ながら、次の面接に進めません。
回答
  • Unfortunately

  • We regret to inform you that~

ご質問ありがとうございました。

「残念ながら」は簡単に言うと「That's too bad」をよく使いますが、面接の結果とかの場合は違う言葉を使います。

メールだと「We regret to inform you that your application was unsuccessful at this time」をよく使います。電話でもこの言葉も使います。後は「Thank you for attending the interview for this position, however, unfortunately you were unsuccessful at this time」で説明が出来ると思います。

「残念ながら、今回は採用を見送らせていただきます」は直接訳しますと「Unfortunately, we will not be hiring you at this time。」です。ただし、もっと優しく伝わりたいのならば、上の「We regret to inform you that your application was unsuccessful at this time」が一番いいと思います。

役に立てば幸いです。

136

100500

 
回答済み(10件)
  • 役に立った:136

  • PV:100500

アンカーランキング
  • 週間
  • 月間
  • 総合
メニュー

ご利用にはDMM.comのログインが必要です

無料会員登録はこちら